ブログ

~ 募集を終了しました ~                小説”黙示”著者『真山 仁』 × 料理家・チームむかご代表理事『枝元なほみ』  特別対談企画イベントの募集

  • 2013年5月8日
  • チームむかご

TPP交渉参加問題で揺れ動く中、食糧自給率の低下、農家後継者問題など、農業をとりまく問題はさまざまです。

未来の子供たちが安全なものを安心して食べられるよう、そして日本の農業が持続し発展していけるよう、農業に携わる方だけでなく、消費者一人一人にとってもこれらを考えるべきとても大切な時期にきています。

食の安全、農薬の危険性、未来の農業戦略などの問題を私達に問いかける真山仁さんの小説“黙示”に描かれた世界をヒントに、食や農業の問題を身近にとらえ、いっしょに悩み、考えることができたらと思います。

食、農業に関わっている方はもちろん、日本の食料事情や農業について知りたい方、よくわからないけど話をきいてみたい方など、多くの皆様の参加をお待ちしています。

 

【内容】

料理家、そして農業支援団体“チームむかご”の代表をつとめる枝元なほみが、日本の食と農業の問題をテーマに描いた小説「黙示」(著者:真山仁 2013年2月発売)を読んで、真山氏本人と行う読後対談。

真山氏が多方面の農業関係者を尋ねリサーチして小説に描いた世界、食・農業が向かう未来に対し枝元が感じたこと、それらについて今考えていることをぶつけます。また参加者の方々からの感想、疑問や質問なども受けます。

対談へ来られている方々も参加できる形のイベントにします。
そのためご参加 の方は、「黙示」を読了の上ご参加されることをお勧めいたします。

小説家 真山 仁(まやま・じん)

1962年大阪府生まれ。小説家。新聞記者、フリーライターを経て、2004年『ハゲタカ』
でデビュー。2007年に『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』を原作とするNHK土曜ドラマが放映
され話題になる。地熱発電をテーマにした『マグマ』は2012年にWOWOWでドラマ化され
た。
最新作は、日本の食と農業に斬り込んだ『黙示』(2013年2月刊、新潮社)。その他の著
書に、中国での原発建設を描いた『ベイジン』、短篇集『プライド』、3.11後の政治
を舞台にした『コラプティオ』など。


料理研究家 枝元なほみ(えだもと・なほみ)


横浜生まれ、B型、牡羊座。実際に作ってもらえるような等身大の家庭料理を考えて伝えていきたいと思っている。テレビ、雑誌などで活躍するほか著書も多数。2011年には農業支援を目的として『一般社団法人チームむかご』※を設立。東日本大震災で被災した方々への支援活動『にこまるプロジェクト』も行っている。

【日時】 6月9日(日) 14:00~16:00 (13:30開場)
※会終了後にサイン会を予定しております。当日の本の販売も行いますのでご利用ください

【会場】イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫 2F
TEL:03-5830-3863
住所:東京都台東区寿4−7−11
※東京メトロ銀座線田原町駅より3分

【定員】40名

【会費】1000円(1ドリンク、にこまるクッキー付) 
※当日受付にてお支払ください
※当日の受付もしますが、会場の関係上定員になり次第締め切りとますので事前にお申込みください

【主催】一般社団法人チームむかご

【協力】新潮社 イリヤプラスカフェ ㈱アグリゲート

【応募方法】

定員に達したため締切ました ありがとうございました


=======================
お名前:
性別:
年齢:
お住まいの地域:(例)東京都台東区
当日の連絡先:
=======================

をご記入の上 、
件名を:【対談イベント申し込み】として
info@mukago.jp
までメールにてお申込み下さい 。

※先着40名様に、当日のご案内メールを送付いたします。