ブログ

12月14-15日枝元による販売イベントのお知らせ リラックReluck( ゲートシティ大崎)

  • 2012年12月14日
  • チームむかご

12月14日(金)、15日(土)は、大崎駅南口から歩いてすぐ、ゲートシティ大崎ウエストタワーB1のリラック大崎店にて むかご・ゆりねの販売イベントを行います。

代表の枝元なほみがむかごやゆりねを使った料理を実演し、ご試食いただけます。

また、お店とのコラボの試みで、お店で出しているお弁当にむかごごはんを両日出していただく予定です。

11時~18時でイベントを行っておりますので、お散歩がてらぜひお越し下さい!

販売する商品は、

・北海道 城地さん 農薬不使用・化学肥料不使用栽培むかご

・青森県 中野さん 減農薬減化学肥料(慣行の3割減)長芋

・北海道 山西さん 農薬不使用・化学肥料不使用栽培ゆりね

・栃木県 粂川さん 有機JAS栽培 にんじん、ほうれん草

・広島県 長畑さん 減農薬無化学肥料栽培(慣行の1~2割減)みかん

・福井県 天草

・にこまるクッキー関連商品

先着100名様には、枝元のレシピブック(読売クックブック:読売新聞購読者の方にお渡しされているもの)をプレゼントします。

リラック大崎

にこまるクッキーウェディングバージョンができました!!

  • 2012年11月29日
  • チームむかご

にこまるクッキーウェディングバージョンができました!!

イラストレーターの山口めぐみさんによる花婿さん&花嫁さんのイラストはかわいい!と好評いただいています。

通常のにこまるクッキーと同様、福島、仙台、岩手の被災地の方々、そして放射能から東京に避難している方々がひとつひとつ心をこめてつくります。

にこにこのにこまるクッキーで笑顔になっていただけるとうれしいです。ぜひ結婚式のプチギフトにおつかいください!

価格        1袋(クッキー7個入) 定価350円(税込)

賞味期限      冬期50日 夏期40日(6-9月)

にこまるプロジェクトの経緯、枝元なほみのメッセージが入った小さなパンフレットがつきます!

ご注文、お問合せはinfo@mukago.jpまで

数量が多い場合は2週間前までにご注文いただけると幸いです。

お名前、お届け先、ご注文個数、納品日希望日・希望時間帯をお知らせください。

12月8日 むかごパーティ2012(活動報告会)開催します!

  • 2012年11月26日
  • チームむかご

チームむかごをご支援くださっているみなさまに感謝の気持ちを込めまして、むかごパーティを下記の日程にて開催いたします。

生産者さま、販売店さま、にこまるクッキーを作ってくださっている方、販売店さま、ボランティアのみなさま、会員さま、 つながっていただいた方々、チームむかごの活動に興味のある方、みなさまと交流できたらと思います。

会ではむかご料理をご賞味いただくほか、チームむかごのご紹介、第2期の活動報告をさせていただきます!

開催時間内であれば何時に来ていただいても大丈夫ですので、ふるってご参加ください!

お料理、お飲み物、おみやげなど準備があるため、お申込みをしていただけると幸いです。(12月6日まで)

申し込みはこちらへ  info@mukago.jp

(お名前、メールアドレス、会員の方は会員種別をお願いします)

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

開催日: 12月8日(土) 時間: 13:30~16:30

参加費: ¥2000※(当日受付にて徴収させていただきます)

※チームむかご個人会員の方は特別価格です。

A会員、B会員:1000円 C会員:1000円(初回の方無料) D会員:無料

場所: 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)                    〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1F

にこまるプロジェクト新商品paripari登場!

  • 2012年11月20日
  • チームむかご

にこまるプロジェクトから新商品 “米粉と雑穀のビスケットpariapri” が登場!!

にこまるクッキー同様売上金のうち経費を除いた40%が被災された製造者に支払われます。

東北応援! 岩手のアマランサスを使用。

(現在は2010年産、在庫がなくなり次第放射能検査済のものを使用)

アーモンドと雑穀の香ばしい甘さと、うすいパリパリの食感がくせになる美味しさです。

やさしい甘さで、ヘルシー小さなお子様にも安心して食べていただけます

イラストレーターの山口めぐみさんのほっこりとしたかわいいイラストが入っています。

小麦粉、卵、乳は使用しておりません ※同製造ラインで小麦を使用することがあります

商品名       米粉と雑穀のビスケットparipari
    価格        1袋(ビスケット12枚入) 定価400円
原材料       米粉、きび砂糖、植物油、アーモンド、アマランサス、塩
    賞味期限       冬期50日 夏期40日(6-9月)

こちらもにこまるクッキー同様 よろしくお願いいたします!

枝元なほみと行く!徳島木頭柚子収穫&手絞り体験ツアー【参加者募集】

  • 2012年9月22日
  • チームむかご

少しずつ秋の気配を感じることができるようになってきました。

チームむかごでは昨年に引き続き、全国2位の柚子の生産量、日本有数の産地である徳島県那賀町(旧木頭村)でゆずの収穫、手絞り体験ツアーを企画しました!

農薬化学肥料不使用で育てられた香り抜群、皮まで安心して食べられる柚子をみなさんに収穫していただき、柚子をつかった料理教室、柚子胡椒作りなどの体験もあり、内容は盛りだくさんです。

ゆずの本当の美味しさ、楽しみ方を体験できるのはもちろん、農家のみなさんのご苦労や農業の現状など沢山の話を伺うことができるのもこのツアーの魅力です。

ツアー2日目には四国随一といわれる紅葉の名所【高の瀬峡】へも足をのばします。この時期、V字型渓谷を形作る石炭岩質の絶壁が紅葉に覆われ、岩壁の白色と紅葉の調和がとても美しいそうです。

みなさまのご参加お待ちしております。

 

◆チームむかご木頭柚子収穫の記事です。ぜひ一度ご覧ください!

 

◆今回お世話になる生産者さん
【株式会社木頭いのす】(http://www.kitoinosu.jp/)という法人化した生産者さん。
無農薬、無化学肥料で作ったゆずで柚子果汁、ぽん酢、マーマレードなども作られています。
※頑張ってtwitter、facebookもされています!(現地写真などあります)

 

◆柚子収穫ツアー詳細

<開催日>
11月3日(土)~4日(日)

 

<開催場所>
ゆず農園 (株式会社 木頭いのす) ※協賛:木頭果樹研究会
〒771-6403
徳島県那賀郡長町木頭和無田 イワツジ5-23
(宿泊:べふ峡温泉 高知県香美市物部町別府452-8)

 

<交通手段>
●自家用車の方
※宿泊のべふ峡温泉まできていただき合流となります。
●飛行機、バス、電車の方
※JR高知駅、高知空港に集合となります。
※現地集合となり交通費は実費ご負担となります。

 

例)
東京から飛行機・・・25000円程度(片道)
東京から高速バス・・10000円程度(片道)
大阪から飛行機・・・13000円程度(片道)
大阪から高速バス・・6000円程度(片道)

 

<集合場所 集合時間>
バスでお迎えにあがります
JR高知駅の方    8:30
高知龍馬空港の方  9:45
べふ峡温泉の方   11:30
<ツアー内容>
内容につきましては現地での作業により時間が変更になることが
あります。また内容が一部変更になる場合があります。

11月3日(土)
高知駅 - 高知龍馬空港-べふ峡温泉チェックイン 昼食
農作業体験                                       
手絞り体験
柚子こしょう作り
夕食 

11月4日(日)
徳島県、高ノ瀬紅葉観光
枝元なほみの木頭ゆずを使った料理教室 
昼食
べふ峡紅葉観光
高知空港(17:00)―高知駅(18:00)

 

<ツアー参加費>
大人(中学生以上) 15,750円(税込)
子供(小学生)         10,500円(税込)
幼児 (お食事有)  10,500円(税込)

 

※3歳以下は無料(お食事はつきません)
※参加費には収穫体験、宿泊費、1日目昼食(旅館)、夕食、
2日目朝食、昼食、旅行保険代が含まれます。
※申し込み後お振込いただき確定となります。
(お振込手数料はお客様ご負担となります)
※宿泊なし、また1日のみのご参加の場合の参加費についてはお問合せください。

 

□チームむかご会員の方は会員価格でご参加いただけます。

C会員(初参加の方)、D会員の方は旅費実費以外を無料にしております

A会員 14,700円
B会員 14,700円
C会員 12,600円
D会員 12,600円

 

<募集人数>
30名(先着順)

<募集期間>
10月15日まで(定員に達し次第締切らせていただきます。)

<応募方法>
メールinfo@mukago.jp、またはFAX03-3452-5125にて
下記の内容をお知らせください。
●参加者全員のお名前および、年齢
●代表者の〒、住所、電話番号、
●当日連絡がとれる電話番号
●当日の集合場所と交通手段(決定してからでもOKです)


<その他>
お申込み後、旅行の詳細(集合時間、スケジュール等)をお送りさせていただきます。
お申込み後のお客様ご都合によるキャンセルにつきましてはキャンセル料をいただく場合がございます。
(7日前~前日までのキャンセル・旅行代金の50%、当日キャンセル・旅行代金の100%)
雨天でも決行いたします。ただし台風、強風などで農作業が困難な場合や天災など不測の事態が発生した場合には中止させていただきますので予めご了承ください。
(中止の場合は開催前日までに返金方法、返金時期などを含めて、お電話もしくはメールでご連絡します。)

 

 

枝元なほみと行く!むかご収穫ツアー【参加者募集】

  • 2012年9月21日
  • チームむかご

いよいよむかごの季節がやってきました。

まもなくチームむかごの象徴的な作物、むかごの最盛期です!
今回チームむかごは、岩手県、二戸の有機山芋生産者 福田さんの農場におじゃましてむかご収穫体験を行います。
忙しくてむかごを収穫する時間が無いという福田さんのお話なので、たくさん収穫して、収穫分だけ生産者さんの売上に貢献させていただきたいと思います。
1泊2日、とにかくむかごを収穫するツアーです。
秋空の下、二戸の大自然の中で素晴らしい景色を見ておいしい空気を吸って、ワイワイ農業や料理のお話をしながら、産地で収穫する楽しさを体感しませんか?
むかごを食べたことがある人も、むかごを知らない人もその魅力を存分に知る機会になるはずです。
おみやげにむかご500gがつきます。

◆むかご収穫ツアー詳細

<開催日>
10月27日(土)~28日(日)

 

<交通手段>

●自家用車の方

※福田さんの農場での集合解散となります(別途ご案内します)
●バス、電車の方
※岩手県JR二戸駅集合解散となります
※新幹線は東京-二戸間 片道10000円程度 (新幹線自由席)
※現地集合となり現地までの交通費は実費ご負担となります。

 

<集合場所 集合時間>
JR二戸駅の方    10:40
福田さん農場の方  11:30

<ツアー内容>

内容につきましては現地での作業により時間が変更になることが
あります。また内容が一部変更になる場合があります。
10月27日(土)
岩手県二戸駅集合
昼食
農場にてむかご収穫
チェックイン 夕食 むかご座談会
10月28日(日)
観光
農場にてむかご収穫
昼食
二戸駅へ 解散 (15:00)
※日帰り参加希望の方は申込み時にご連絡ください

 

<宿泊>
天台荘
二戸市浄法寺松岡11
TEL 0195-38-2139 FAX 0195-38-2150
瀬戸内寂聴師が法話をひらく天台寺に一番近い宿です。
オリジナルどぶろく、天台酒付、カラオケ無料

 

<ツアー参加費>
大人(中学生以上) 12,600円(税込)
子供(小学生)     9,450円(税込)
幼児 (お食事有)   9,450円(税込)
※3歳以下は無料(お食事はつきません)
※参加費には収穫体験、宿泊費、1日目昼食(旅館)、夕食、
2日目朝食、昼食、旅行保険代が含まれます。
※申し込み後お振込いただき確定となります。
(お振込手数料はお客様ご負担となります)
※宿泊なし、また1日のみのご参加の場合の参加費についてはお問合せください。

 

<募集人数>
15名(先着順)

<募集期間>
10月5日まで (期間内におきましても定員に達し次第締切らせていただきます。)

<応募方法>
メールinfo@mukago.jp、またはFAX03-3452-5125にて
下記の内容をお知らせください。
●参加者全員のお名前および、年齢
●代表者の〒、住所、電話番号、
●当日連絡がとれる電話番号
●当日の集合場所と交通手段(決定してからでもOKです)


<その他>
お申込み後、旅行の詳細(集合時間、スケジュール等)をお送りさせていただきます。
お申込み後のお客様ご都合によるキャンセルにつきましてはキャンセル料をいただく
場合がございます。
(7日前~前日までのキャンセル・・旅行代金の50%、当日キャンセル・・旅行代金の100%)
雨天でも決行いたします。ただし台風、強風などで農作業が困難な場合や天災など
不測の事態が発生した場合には中止させていただきますので予めご了承ください。
(中止の場合は開催前日までに返金方法、返金時期などを含めて、お電話もしくは
メールでご連絡します。)

 

イデアインターナショナルさんコラボマルシェを行いました。

  • 2012年9月19日
  • チームむかご

 

チームむかごのオフィスのすぐそこ。同じ三田にある、イデアインターナショナルさん。その社内で取り組ませていただいているファーマーズマーケットを本日12~14時で開催してまいりました。

今回が2回目です。

 

今回は、旬のお野菜や果物に加え、





販売している野菜をその場で調理したサラダなんかもご用意しました。






購入されている方が嬉しそうに買われているのを見ると、
販売に来てよかったなぁ、
この仕事<繋ぐ仕事>をやっていて良かったなぁ、と思います。






社内には食への意識が高い社員さんが非常に多いそうですが、 さすが勢いがある企業、みなさん仕事に熱を込めて打ち込まれていますので、 平日は夜遅くまで働くことも多々あるそう。
三田と自宅の往復経路に無農薬や減農薬の食材を買える場所があまりないそうです。




都市のランチで、収穫して届いたばかりのお野菜をサラダでそのまま食べて頂けると、 農家さんも作り甲斐があって嬉しいと思います。


改善点はありつつも、今回も大成功でした。
イデアインターナショナルの皆様、ありがとうございました。






イデアインターナショナルさんHP:http://www.idea-in.com/
イデアインターナショナルさんFacebookPage:http://www.facebook.com/IDEA.INTERNATIONAL

むかご事務局メンバー左今、福岡県の梨生産者さんを訪問しました!

  • 2012年9月14日
  • チームむかご


こんにちは!事務局、左今です。

 

 

先日、福岡県の梨農園を訪問しましたので、

その記事をUPいたしました。

 

 

生活者(自らは生産を行わず、買って食べる側)としては、

無農薬栽培がいい!

無化学肥料・無肥料栽培がいい!

というのは当然あると思うのですが(僕もそうです)、

生産の現場ではこういった考え方でやっているんだなというのが分かりました。

 

梨はまぁこういう風になるんだ!

というのも、画像で分かりますので、ぜひご覧ください!!

 

 

http://recipe.agrimart.jp/?eid=469650

▲記事はこちらです

9月チームむかご出店情報

  • 2012年9月10日
  • チームむかご

新鮮なお野菜、ゆりねや天草、木頭柚子の加工品、にこまるクッキー他、枝元手製農産物素材を活かした調味料もお持ちします

9月16日(日) 池上本願寺朝市!

時間:7時~

会場:池上本門寺 総門・石段下

詳細:http://ikeshoren.jp/jimukyoku/2012/01/318700.html

 

9月22日(土) 代々木ビレッジのマルシェ!

時間:10時~15時

会場:kurkkuマルシェ at 代々木VILLAGE

住所:渋谷区代々木1-28-9

詳細:http://www.yoyogi-village.jp/event/kurkkumarche.php

 

無添加ハム工房ゴーバルと契約豚舎の取材に行きました!

  • 2012年8月11日
  • チームむかご

 

お久しぶりです! チームむかごの左今です。

先日、経営しているアグリゲートの仕事で、 無添加ハム工房ゴーバルさんと契約豚舎の取材に行きました。

その記事を自分のブログにUPしましたので、ぜひご覧いただければと思います。

転記なので、

自身のブログに書いた記事のため、少々興奮気味で、です・ますが無くなりますが、ご勘弁ください。。。

 

==========================================

冬に仕事で豚舎に行った。

都市に住んでいると、 食べるシーンにしか出くわさない。

だから、食べられる豚を育てている場所に行った時の感情は、 ちょっと所では無く衝撃的だった。

誰でも見に行ける場所ではないと思うので、 食育的な観点からもぜひ読んで頂きたい。

 

 

目の前の子豚を見て、 正直、それを「おいしそう」とは言えない。

むしろ、「かわいい」の感情の方が近い。

まるで、動物園にいるのと同じ感覚だった。

 

 

ただ、出荷前の豚を見ると息をのんだ。
デカい。

 

すぐにイノシシを連想させる。 (写真は雄豚)

出荷前の豚は150㎏近くあるそうで、ぶつかって来られると怪我するそう。

雄豚は200~250㎏あるらしい。

しかも素早く走れる。 人間なんてひとたまりもない。。。

 

wikiで調べると、豚はイノシシを家畜化したものだそうで、 その歴史も

かなり長く石器時代までさかのぼるらしい。

その時は、食糧が無くなり、生存できなくならないように育てる。

 

という、食べると隣り合わせの飼育。

 

でも、今は違う。 豚を育てて、1頭送れば、〇〇円という貨幣経済で繋がっている。

どう育てるかは、もはや、理念や哲学の世界になっている。

 

日本の、しかも、しっかりこだわりを持って作っている豚舎に行ったからこそ、 “初めて見る”衝撃で済んだと思うのだけど、 正直、どうやって作っているのか分からない食を口には出来ないと思った。

 

 

食肉加工処理された豚肉からさらに骨を取り除く、 ゴーバルハムの職人の方々。

この作業、写真では伝わらないかもしれないのだけど、 本当に驚くようなスピードで行われている。

まるで機械を見ているかのように。 でも、機械では出来ないそう。

だって、工業製品じゃないんだから、1頭1頭、骨の形は違いますもんね。

 

 

桜チップ燻製の様子。 ここまで来ると既に、 「かわいい」→「デカい。。。」→「おいしそう」 になっている。

 

 

うん。うまそう。

 

 

 

こうしてハムまで出来上がる。

 

Agrimartで販売しているお肉は、 ゴーバルさんの契約農場で育てた豚です。

豚肉は、 餌は植物性の餌、 お水は、山から流れてくる天然の清流。 出来る限りストレスの少ない環境。 これが大事とのこと。

臭みの無い豚肉や、 無添加で作られたハム、 ぜひ、この農場の様子を知った上で、 (食べる瞬間はもちろん忘れてもよいので) 食べて見られて下さい^^

僕は本当に「旨い」と思います。

 

写真:EAT PHOTO 伊藤高明氏