ブログ

ボランティアの方からの被災地レポート

  • 2011年8月25日
  • チームむかご
下記、チームむかごボランティアの阿部さんからいただいたレポートです。

 

8月9日~13日に帰省した時の実家近辺(宮城県登米市津山町横山)の様子です。

横山地区の仮設住宅は二ヶ所。約60世帯と20世帯。1人暮らしは四畳半一間と台所と、家族4人までは四畳半二間と台所、5人以上は二軒。エアコン一台付。


東京のボランティア団体さんより新品扇風機50台が届き、兄夫婦が配ってきたら、逆に頂き物をしたらしい^^狭くて物が置けないとか。まあ、気持ちもあってのことでしょうけど。


東京災害ボランティアネットワーク(東災ボ)さんは登米市の仮設住宅数ヶ所を曜日制で巡回、オープンカフェをやっている。坊主の兄夫婦と姉と私が参加した時は、東災ボさんが、かき氷とフルーツ寒天、モンク(坊主)一族?は紙コップに入れたお菓子(かりんとうやクッキー)と温かい饅頭を提供。意外にも温かい饅頭が喜ばれた。



実家の寺に泊まっている、つながろうプロジェクト(つなプロ)さんは若い大学生が多く1週間の交代制。とても爽やかな青年ばかり。1週間の任務を終えて二度くる人もいる。環境がいいらしい^^

 

様子はこんなところです。

 

東北の方へ車で出張に行ったときに驚いたのですが、道路にはボランティアの方々のバスがあり、サービスエリアにはユニフォームを来たボランティアの方々が多くいらっしゃいます。

実際に私の友人にもボランティアで何度も気仙沼に行っている者もおり、非被災者側にはまだ今も何かをしないとという気持ちは強くあるなと感じます。

復興はこれからなので今だけでなく、これからどういう形で自立型の支援ができるのか、

被災者の方々の生の声を聞き、考え、実行していかないとですね。

 

阿部さん、ありがとうございました!(左今)

うれしいメッセージ

  • 2011年8月22日
  • チームむかご

にこまるクッキーをご購入いただいたお客様から先週いただいたうれしいコメントです。 多くの人に元気と笑顔を繋げていけるように、、、プロジェクトメンバーみんなでがんばります! ありがとうございました。

*****************

にこまるクッキー、義母にもプレゼントしましたところ、 とても可愛い!これが食べられるクッキーだなんて、と大喜びしてくれました。 手に取る人全てを笑顔にしてくれるクッキーって素敵ですね。 このクッキーに、元気と笑顔をたくさんいただきました。 ありがとうございました。

チームむかごに届く「モノ」たち

  • 2011年4月21日
  • チームむかご


ル・シーニェ 東原綾子さん 物資というと表情のないただのモノのように感じますが、支援物資とはモノの形をしたココロなのだと、チームむかごに送られてくる支援食品を開封するたびに教えられます。

4月18日(月)に、チームむかごとしては6回目の支援物資を、NPOセカンドハーベストジャパンに納入しました。
今回の納入に合わせてチームむかごに届いた「モノ」たちの一部をご紹介いたします。
(続きを読む…)

被災地支援物資納入 5回目!

  • 2011年4月20日
  • チームむかご
DSC_0482.JPG
クッキー袋詰め職人!


ご報告が周回遅れのダイトウ@チームむかごです。
震災発生からちょうど1ヶ月、4月11日に納入した回のご報告です。

+++


高城先生

高城順子先生が今回も支援食品を持ってきてくださいました。
きんぴらごぼう!


きんぴらごぼう

このきんぴら、グリーン情報ネットワークさん(http://www.gjnet.co.jp/)からご提供いただいたごぼう20kgが材料です。

そして、そのごぼうを使って、今回は枝元もごぼうのきんぴらを作りました。

高城先生+えだもとさん

この日いたスタッフは、高城順子先生と枝元なほみ、おふたりが作ったごぼうのきんぴらの食べ比べをさせていただきました!って、どんな料理番組のゲストですかっ。

使っている材料はほとんど同じなのに、確かに味が違う。
高城先生はふっくらピリ辛。枝元なほみはこってり甘辛。
もちろん、どちらもおいしい!

眼福…じゃなくて口福、口福。ありがとうございました。ヽ(*´∀`)ノ


そしてこのごぼうきんぴらですが、被災地で必要とされている方にダイトウが手渡しでお渡しすることができました。それはまたご報告いたします。

グリーン情報ネットワークさんと同様に、食品の原材料のご支援もいただいております。

(株)山本忠信商店さん(http://www.yamachu-tokachi.co.jp/)からは、小麦粉を100kgご提供いただきました。クッキーになってどんどん被災地に向かっています。

DSC_0439.JPG
(株)山本忠信商店さんご提供 小麦粉(きたほなみ) 100kg!


吉口みどりさんからは、花豆、大豆などの豆類、鷹の爪、ジャガイモ、ごぼうなどご提供いただきました!

豆+鷹の爪
吉口みどりさんご提供 豆類ほか

吉口さんからご提供いただいた豆は、料理家の高城順子先生、渡辺あきこ先生、そして枝元なほみの豪華メンバーで調理していただいています。次回の6回目の納入で一部を被災地に送ることができました!

また、料理家の夏梅美智子先生からご紹介いただいた(株)いなだ豆さん(http://www.inadamame.co.jp/)からは、ミックスナッツ80g入りを200袋いただきました!

ところで、いなだ豆マンボってすごい気になるんですけど!


(続きを読む…)

タケちゃんのボランティアスタッフ日記

  • 2011年4月18日
  • チームむかご

雑穀クッキー
チームむかご 「雑穀クッキー」


「タケちゃんのボランティアスタッフ日記」
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4月3日

今日はきんぴらごぼうチームとクッキーチームに別れて作業をしました。
私はクッキーチームなのでひたすらにこまるクッキーと雑穀ビスケットを作ります。

今日も朝からたくさんの手作り支援物資が届いています。

美味しそうで見た目も美しい物資に心を魅かれながら もくもくと自分の作業に取り掛かります。
しばらくすると

物資を被災地に届けているセカンドハーベストの配島さんが来て被災地の方のお話を聞かせてくださいました。

震災から2週間はおにぎり一つとパンという同じメニューを食べていた、
そんななか手作りの味噌はとても喜ばれたというお話が心に響きました。


クッキー生地
クッキー生地作り


むかごキッチンに続々と届く手作りの支援物資
味噌をはじめ手作りの物はきっとみんなのこころを和ませていると確信しました。

私は、にこまるクッキーをくるくるまるまる(成形作業)する時
食べた人が少しでもほっこりしてくれたらなぁという気持ちで作っています。

被災地の方と直接関わっている配島さんのお話を聞いて

これからも沢山作って届けるぞ!!という改めて前向きな気持ちになりました。

そして小麦粉100キロを提供してくださったglossyの北村貴さんを始め
かわいいにこまるの絵を描いてくれたきらさん(にこまるがどんどんグレードUPしていくwww)
料理家の先生はじめ手作りの支援物資を作ってくださる方々

色んな方の協力があって輪が広がっていくんだなぁと

一人では何もできないけどみんなが集まればいろんな可能性が広がっていくんだなぁと

改めて人と人とのつながりの大切さを感じました。


雑穀クッキー生地
生地を伸ばして切れ目を入れてオーブンに投入!

雑穀クッキー
焼きあがった雑穀クッキー

クッキー焼き上がり
冷ましてから真空パックに。


さてさて

5時を過ぎてクッキーチームの作業は終わったけど
ごぼうチームはどうなったのかなぁ?

ひたすらごぼうを洗っていたと聞いたけど・・・おーい?


(タケ)




被災地支援物資納入 4回目!

  • 2011年4月10日
  • チームむかご
2011_04_05_A_v003-1.jpg
きらさんが描いてくれたニコまるクッキー


ダイトウ@チームむかごです。
ご報告が完全に周回遅れになってしまっているダイトウです。
今回のご報告は…4月4日納入分!

+++

先日、4回目の被災地支援物資をセカンドハーベストジャパンに納入しました。
これがうちの最大量かな、と思っていた3回目の軽く倍の量になりました。
送っていただいた食品のひとつひとつどれもが、胸を打たれるほどていねいに作られており、
みなさんの熱い思いを引き受けていることをひしひしと感じました。


DSC_0226-1.JPG
村田裕子さんから送られた梅ジャム(4kg!)を開封!

枝元がとても嬉しそうなのは、これから味見をするからです。ヽ(*´∀`)ノ

小分けにして真空パックに。
パッケージに貼ったラベルには「お湯で溶いて温かい飲み物でもどうぞ。」


DSC_0258-1.JPG
ニコまるクッキーのはずなのに、四角い。

DSC_0260-1.JPG
ニコまるなのに、ぎゅーっ。

DSC_0262-1.JPG
ニコまるなのに、とがってるー

DSC_0266-1.JPG
ニコまるなのに…

DSC_0273-1.JPG
ニコま…

DSC_0279-1.JPG
ネコまる…

DSC_0257-1.JPG
クマまる…

DSC_0280-1.JPG
ブタまる…



DSC_0286-1.JPG
渡辺あきこ先生登場。

DSC_0298-1.JPG
渡辺先生はピクルスとしょうがの佃煮を持ってきてくださいました。

DSC_0385-1.JPG
渡辺あきこさんのピクルスとしょうがの佃煮。



DSC_0315-1.JPG
料理家…?
中華かイタリアンのシェフのようにも見えますが、実はこの人こそ、われわれチームむかご物資を現地で被災者に届けてくれているセカンドハーベストジャパン(http://www.2hj.org/index.php/jpn_home)の配島さんです!

一時帰京したついでに、むかごキッチンまでたずねてきてくださいました。枝元とも初会合。



DSC_0358-1.JPG
今回の支援物資には、なんと手作りの和菓子が!!
中島久枝さん(http://www.wa-gashi.com/)が作ってくださった、すはまと雪平です。



DSC_0367-1.JPG
上田淳子さん(http://www.juncook.com/)からは、手作りクッキーのついたお茶セットが100セット!

ひとつひとつの紙コップにクッキーが入っていて、ティーバッグとスティックシュガーが添えられています。お湯さえあれば、みんなでお茶が楽しめます。このアイデアには感激しました。

紅茶はカレルチャペック(http://www.karelcapek.co.jp/)の山田詩子さんからのご提供です。

そしてなんと、このお茶セットは、後日被災地で、ダイトウが自ら必要とされる方に手渡すことができました!それはまたご報告します。





+++

☆今回ご提供いただいた支援食品(順不同)

  • 宮川順子さん
    アップルパイ32個
    パン35個
    ケークサレ130個
    パウンドケーキ42個

  • 小野綾子さん
    クッキー40枚

  • Citron ヨーコさん
    クッキー4枚入り×45袋
    梅干し 8粒入り×14袋

  • ワタナベマキさん
    クッキー7個×10袋
    おかず味噌100g×10瓶

  • 高城順子さん
    クラッカー10袋
    イチゴジャム500g×2瓶
    じゃこピー100g×9袋

  • 松田真枝さん
    コロコロクッキー7袋
    ふりかけ

  • 中村美由紀さん
    セサミクッキー4袋

  • 鈴木千絵さん
    チーズ入りパン
    おからクッキー

  • 多賀 正子さん
    ど根性味噌(おかず味噌)35g×140個

  • チームむかご(+枝元なほみ)
    ニコまるクッキー×いっぱい
    雑穀クッキー×いっぱい
    雑魚の佃煮
    きのこの佃煮

  • 渡辺あきこさん
    ピクルス30個
    しょうがの佃煮63個

  • 星野佳代さん
    ビスコッティクラシコ4個×20袋
    全粒粉ビスコッティ3個×25袋
    メレンゲ菓子2個×25袋

  • 河合丁寧さん
    マドレーヌ 320個

  • トラテーザ河合さん
    マドレーヌ12個×17袋
    抹茶マドレーヌ11個×11袋

  • 木野恵子さん
    ラー油 5瓶
    ビスコッティ2×21袋

  • 中島久枝さん
    ゴマとくるみのすはま
    雪平

  • 山口はるのさん
    大豆煮100g×40袋

  • 村田裕子さん
    梅ジャム4kg
    ゆずジャム1kg
    ゆかり おにぎり80個分

  • 上田淳子さん
    紙コップ入りクッキー+紅茶等の飲み物セット 100セット
    ふりかけ 3種約15袋入り

  • 大庭 英子さん
    菜の花漬け
    大豆味噌
    大豆しょうゆ煮

みなさん、ほんとうにありがとうございました。

DSC_0391-1.JPG
あまりの量に途方にくれるダイトウを尻目に、もりもり梱包を手伝ってくれたみなさんも、ありがとうございました!




ガミちゃんのボランティアスタッフ日記

  • チームむかご
DSC_0256.JPG
きら画伯作。くままる、ねこまる


「ガミちゃんのボランティアスタッフ日記」
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


4月2日(土)昼下がり
今日は枝元さんはじめ、リピーターの方、初めての方合わせて、
総勢10名がむかごキッチンに集まりました。

ニコニコ笑顔が好評の「にこまる」と「雑穀ビスケット」を作る〈クッキー班〉、
むかごキッチンに集まったお料理を真空パックする〈パッキング班〉、
キッチンをより使いやすくするため、模様替えをする〈買い出し班〉に分かれ、
それぞれの持ち場に着いて作業をスタートしました。

この日は、同時に、20kgもの土付きごぼうをひたすら洗う〈ごぼう班〉も
枝元さんのご自宅で作業中とのことでした。
(ごぼうは枝元さんのお知り合いの太田市場の方が寄付してくれたそうです!
後日、きんぴらを作り、被災地へ届けるんだとか。)

作業を進めながら、
初めての方同士で自己紹介をし合ったり、
地震が起こった時のそれぞれの状況を話しました。
地震発生時、ご自宅に一人でいた方も何人かいました。
強い余震も続きましたし、一人では心細かっただろうなと思います。
こんな時、「だれかがそばに一緒にいる」という心強さを改めて感じます。

今この時も心細いであろう被災地の方に、「にこまる」の笑顔が届けられる、
そう思うと、一つ一つの作業にも熱が入ります。


shien_pj
一球入魂の真剣さで、にこまるに表情を刻む、ボランティアメンバー「山ちゃん」の手。

さて、今日はまた新しいお料理も登場しました!

DSC_0378.JPG
山口はるのさんの「大豆の佃煮」
あたたかさが、まっすぐに伝わってきます。


DSC_0407.JPG
枝元なほみさんの
「みょうがの甘酢漬け」
身体が疲れている時は、こんなさっぱりしたものが嬉しいですよね。
ほど良い酸味といりこの味わいが、食欲と元気をかき立てます。


そして、今日も高城順子先生が自ら、むかごキッチンへ届けて下さいました。



DSC_0375.JPG
「ピーナッツいりこ」
一度揚げてあるそうです。文句なしに、ご飯がすすみます。

DSC_0374b.JPG
「野菜の彩りあざやかなビスケット」
「カラフルな色と素朴な形がかわいい~!」と、
むかごキッチンの女子達に大好評!
きれいなものを見ると、嬉しくなりますね。

私はこの後、高城先生と一緒にパッキング作業をしました。
その時、福島の原発の話になったのですが、先生が

「もし今原発に、”まかない”として料理を作りに行けるなら、飛んで行きたい」

と、仰られました。

「私はもう先が長くないのだから、若い人のためにできることをやりたい」

と。
先生の先は長くあって欲しいですが、
そう言い切られたことに、私はジーンと熱い気持ちになりました。
また、ある方が言うには、電車に乗っていた時、隣に座っていたおばあさん2人が

「もし東京電力の職員の代わりに原発の作業に呼ばれたら、喜んで行くのにね。
でも私たちだと体力がないから、かえって足手まといね。」

と仰られていたそうです。
お年を召した方が、こんな風に思っていらっしゃることを知り、
また、こんな風に東北に想いを寄せている方が、日本中、世界中でどれだけ沢山いるのだろう?と想像して、
またまたジーンと熱くなりました。

これからの日本は、たくさんの人が被災地の復興を応援する〈チーム〉になって、
それぞれの役割でもって、被災された方々とつながり続けるんだろうな、と個人的には感じています。
チームむかごもその一員として、あたたかいお料理でつながっていきたいと、思いました。

今日は、こんな、むかごキッチンでした。


(ガミ)




【震災支援】被災地から届いたメール

  • 2011年4月1日
  • チームむかご
ダイトウ@チームむかご・震災支援プロジェクト担当です。

チームむかごの震災支援プロジェクトでは、料理家の方から届けられた支援食品を取りまとめて
現地で支援活動を展開しているNPOセカンドハーベストジャパン(http://www.2hj.org/)に
納入しています。

これまでも、現地の食料配布担当の方と連絡を取りながら支援活動を進めてきたのですが、
混乱した被災地での作業のため、十分な報告をいただけるような状況ではありませんでした。
そのため、毎回、届いてほしいと祈るような気持ちで物資を送り出してきました。

しかし今回、セカンドハーベストジャパンの仙台基地で食料配布を指揮する蓜島(はいじま)さんが
写真付きのレポートを送ってくださいました。

スタッフ一同、胸にしみました。
私たちが何を信じてこの活動を始めたのか、それをはっきりと教えていただいたように思えました。
ためらいもありましたが、いただいたメールをここにそのまま掲載させていただきます。



セカンドハーベストジャパン 蓜島(はいじま)さんからのメール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

チームむかごのみなさまへ


いつも心のこもった手作りの品をありがとうございます。
昨日は、小職も視察を兼ねて配送に出ましたので、支援品を直接手渡ししてきました。

行き先は、女川地区です。

地域は壊滅的な打撃ですが、漁師町の強い絆で、薪でごはんを炊いたり蒸したりと、
工夫されていました。

ここは石巻市からも遠いので、支援も不定期だとのことです。
私たちは毎日、おにぎりと新聞を届けています。

他の団体が一度だけ大量の物資を届けるところを、私たちは何度も通うことで、
お互いの顔の見える関係を築いています。
それが被災者のみなさんの安心に繋がっているのではないかと思います。

手作りで、想いの詰まったチームむかごさんの支援品は、
味はもとよりその温かい気持ちも被災者の方に届いていることと思います。

何より、みなさん、「手作り」に驚かれていました。
避難生活で日常の味を感じられることは何より心に響くことだと思います。
まさしく「食の持つ力」ですね。

これから泊まりで岩手の釜石に行ってきます。

簡単ではありますがご報告とさせていただきます。

*私が毎回同行できるわけではないので、このようにご報告できるかはわかりません。
ただ、確実にお届けさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


はいじま


shien_2hj

shien_2hj

shien_2hj

shien_2hj

shien_2hj

shien_pj


【震災支援】第3回チームむかご支援物資納入まで(2)

  • 2011年3月31日
  • チームむかご
ダイトウ@チームむかごです。
前回の支援物資納入までのご報告、続きです。

shien_pj

+++

3月27日(日)

前日に引き続き、支援食品の仕込み作業です。
今日はボランティアスタッフとともに枝元なほみも作業に参加。

昨日仕込んだ雑穀クッキーの生地を焼いていきます。

shien_pj

そこへ、料理家の夏梅美智子さんが狛女組(※)の女性をひきつれ、むかごキッチンに登場。
夏梅先生と狛江の主婦11人がかりで仕込んだ支援食品を持ってきてくださいました。

※こまめ=狛女。 遊び心と想像力豊かな狛江のパワフルな女たち。なんだそうです…→http://komame.comae.net/

shien_komame
積み上げられるタッパウェア…

…夏梅せんせい、これなんですか?


shien_komame
「お惣菜よ。五目煮に高野豆腐♪」

せんせい…支援物資ですよ。常温放置が当たり前の支援物資。これ賞味期限は…?


shien_komame
「まあおいしく食べてもらうなら早いほうがいいわね。3日ってところかしら」

せんせい、だーかーら、しーえーんぶっしー!
賞味期限2週間程度の食品にしてくださいって言ったじゃないですかーっ。
無理だから!それぜったい無理だからっ!…(>Д< ;) …


…しかし、まだ手作りのお惣菜なんて、食べたくても食べられない避難所がほとんどのはず。
届くものなら届けたい!

だめもとで、セカンドハーベストジャパンの仙台基地の蓜島(はいじま)さんに電話。

賞味期限が3日しかないお惣菜が持ち込まれたんですが…。


(続きを読む…)

【震災支援】第3回チームむかご支援物資納入まで(1)

  • 2011年3月29日
  • チームむかご
shien_pj

ダイトウ@チームむかごです。

みなさんのご協力により、チームむかご3回目の支援物資納入を、昨日、無事完了いたしました!
ひとつひとつの食品のクオリティは非常に高く、全体の内容もますます充実してきています。
今回の支援物資納入までのご報告です。

+++

前回は初めてボランティア参加の作業を行い、また、料理家の方たちから手作り食品を提供していただきました。
しかし慣れない活動と準備不足のため、反省点も多くありました。
ミーティングを重ね、体制を整えながら週末の仕込み作業へ!

今回、3月26日(土)のむかごキッチンでの仕込み作業に参加してくれたボランティアスタッフ、ガミちゃんが
作業のレポートを書いてくれました。

shien_pj


「ガミちゃんのボランティアスタッフ日記」
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3月26日(土)お昼過ぎ、
むかごキッチンで、第3回目の仕込み作業が開催されました。
前回と同様、雑穀クッキーとスマイルクッキーを作りました。
今日集まったのは総勢5名、ボランティアメンバーはみんな2回目の参加でした。
最初に簡単に自己紹介をして、和やかに作業はスタートしました。

作業は、前回作ったものを基準に、その場で各自に振り分けます。
私は前回はスマイルクッキー担当だったので、今回もその担当になりました。

shien_pj_nikomaru
天板の上でニコニコ

shien_pj
オーブンに投入!

2回目の今日は、前回の反省点を洗い出して、作業内容を見直しながら作りました。
例えば前回作ったクッキーには大きさにバラツキがあったので、
「きちんと揃える」という手順を加えたり、
クッキーの中に入れるドライイチゴを綺麗に包めるように、切り方を工夫したり。

shien_pj_nikomaru
オーブンの中でニコニコ

むかごキッチンに集まるボランティアメンバーは、
それぞれに得意なことがあります。
几帳面な性格の人、絵を描くのが上手な人、冷静に判断ができる人。
そんな皆がお互いに指摘し、アドバイスし合っています。
私はお菓子作りは初心者なのですが、
そしてみんなが教えてくれることは、とても勉強になります。

そうやって出来上がったものがこちらです!

shien_pj_nikomaru
焼きあがってニコニコ

被災している方々に笑顔になってもらえますように。


そして今日は、枝元さんの呼びかけに賛同されている料理家の方々から
届いた手作り食品を見せて頂きました。

shien_pj_oki
脇雅世さん 手作り味噌とりんごのコンポート

shien_pj_takagi
高城順子さん 缶入りクッキー詰め合わせ


それらの全てが手作りで、そして栄養満点です。
一つ一つに応援メッセージや食べ方の注意が付いていて、
その気配りにあたたかい気持ちになりました。
一料理ファンの私は、「料理がこんなにも人を元気付けることができるんだ!」と
ジーンと熱い気持ちになりました。

こうやって集まったお料理が、
少しでも多くの東北のみなさんの笑顔になれば、とても嬉しいなと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ありがとう、ガミちゃん!
だけどみんなで考えたクッキーの名前「スマイルクッキー」は、枝元なほみの一言で「ニコまる」に変更!
残念!!


土曜日の作業は無事に終わり、見事に焼きあがったニコまるクッキーを前に、手ごたえを感じるチームむかごスタッフ。
今週はしっかり準備したかいがあった。これで明日の仕込みも乗り切れるぞ。

だがしかし、
その日、都内某所ではとんでもないものが仕込まれていたのであった!
翌日、そんなとんでもない物が持ち込まれるとは、まだ知る由も無いチームむかごスタッフたち…。

(つづく)